ハイハイはじめました。

我が家の可愛いベビちゃん、ハイハイはじまりました。はじめちゃいました。とうとうといった感じです。

というのも我が家にはベビちゃんのお兄ちゃん(?)にあたる猫がいるのですが、困ったことに猫トイレにハイハイしていっちゃうのです…
Continue reading “ハイハイはじめました。”

ハイハイはじめました。

私がミルクを使い始めたきっかけ

生後1か月の息子は、今日も母乳とミルクの併用です。

母乳は寝ている間にできるので、どうも夕方は母乳ができにくいらしいのです。

そもそも息子は母乳を数時間が長いです。

両方で1時間ほど吸います。

母乳を吸う以外に精神安定剤になっているのでしょうか。

母乳は寝ている間に作られるといわれますよね。

朝は母乳が出てくるのですが、夕方になると枯渇するようです。

母乳を吸う時間が短くなり、その代りすぐに泣き出します。

初めは母乳のみで頑張ろうと思っていましたが、乳を差し出しても泣く、無くても泣きます。

抱っこで家の中を歩き回ったり、気晴らしにベランダへ出てみましたが、すぐに泣きます。

鳴き声に耐えられなくなり、ミルクを飲ませることにしました。

幸い、我が家にはウォーターサーバーがありましたので、ミルクを溶かすのにちょうどいい温度が簡単に出せます。

ミルクを冷ます間も泣き続けているので、一刻も早くあげたいと思い、冷ます時間を短縮する方法を思いつきました。

まず、飲ませる量のミルクの粉を入れたら、半量のお湯を入れます。

そのお湯でミルクを溶かしてから、水を入れています。

これだと、冷まさせる手間なくあげられることに気づきました。

今も毎日夕方に1回ミルクタイムをしているんですが、これでストレスなく過ごせます。赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバー

私がミルクを使い始めたきっかけ

いっぱい飲んで、食べて大きくなりました。

5人兄弟の末っ子のあんくん11カ月。姉12歳兄6歳姉5歳姉2歳0カ月。妊娠後期赤ちゃんの体重があまり増えていないとお医者さんに言われとても心配でした。2360gの小さな赤ちゃんでした。すぐ上のお姉ちゃんが生まれた時と比べるととても痩せていて心配でした。
Continue reading “いっぱい飲んで、食べて大きくなりました。”

いっぱい飲んで、食べて大きくなりました。

電車内の赤ちゃんとお母さんお父さんのふれあい

昨年まではバイクで通勤していたのだが、今年からは電車通勤に変わった。そこで、電車の中にいる、赤ちゃん連れのお母さんやお父さんお母さんを見かけることが増えた。
Continue reading “電車内の赤ちゃんとお母さんお父さんのふれあい”

電車内の赤ちゃんとお母さんお父さんのふれあい

赤ちゃんでも2人で寝るには狭いシングルのフロアベッド

自宅にいるときは親子三人、畳に布団を敷いて川の痔で寝ています。子どもはまだ赤ん坊ですので、敷き布団2枚でもじゅうぶん余裕があります。

しかし問題は私(母親)の実家に行った時です。ベッドがシングルのフロアベッドなので、赤ん坊であっても2人で寝るには狭いのです。まだ子どもの寝相が良ければ良いのですが、そのようなわけがなく、下手をしたら私が床に落とされそうな勢いです。フロアベッドなので赤ちゃんが落下して怪我をする心配はないのですが。
Continue reading “赤ちゃんでも2人で寝るには狭いシングルのフロアベッド”

赤ちゃんでも2人で寝るには狭いシングルのフロアベッド

パパと赤ちゃんとミルク

我が家にチビ助がやってきてから3ヶ月が過ぎた。

まだまだ大変だけど夫婦二人でがんばっている。

赤ちゃんがいる生活は今までの生活とは大きく違う。

自分の時間はなくなり、赤ちゃんに付きっきりになることがほとんどだ。

一生懸命おっぱいを飲む姿はとても愛らしい。

でも、完全母乳でなく粉ミルクも飲めるよう訓練中だ。

最初はなかなか飲んでくれなかったが、最近は慣れてきたのか飲んでくれている。

いまはパパがミルクを与えても飲んでくれるよう努力しているのだが、落ち着かないのかなかなか飲んでくれない。

抱っこの仕方が落ち着かないのか、ミルクのあげ方がお気に召さないのか。

話せない赤ちゃんの考えを読もうとするも、パパは困ったような表情をしていた。

見兼ねてミルクをあげるのを代わることにした。

ミルクが入った瓶はまだ温かい。

チビ助はいつもの抱き心地に落ち着いたのか、ミルクを飲みはじめてくれた。

ゴクゴクと飲み、少し休んでまた飲む。

それを繰り返している。

小さな目に見つめられて、我が子への愛があふれるような気がした。

パパは自分があげても飲んでくれなかったことに少し拗ねてしまったのか、ウォーターサーバーから水を注ぐと少し離れたところで飲んでいた。

「こっちにおいでよ。パパが作ってくれたミルクをおいしそうに飲んでるよ。ほら、パパおいしいよ、ありがとうって顔してるよ」

私がそう言うとこちらにやってきて、チビ助の様子を微笑みながら見ていた。

今、我が子が飲んでいるミルクのお湯もパパが飲んでいるお水も同じものだ。

お湯を沸かすことなく使えるし、何より安心して飲むことができるのでわが家には欠かせない。

わが家のウォーターサーバーは大活躍だ。ここを見て!

パパと赤ちゃんとミルク

千葉県にある東京ドイツ村

数年ぶりに千葉県袖ヶ浦市にある東京ドイツ村へ行ってきました。海ほたるから30分程で着くので、東京から日帰りで行って十分楽しめるスポットです。以前は犬を連れて一日の大半をドッグランで過ごしましたが、今回は家族三人だけです。最近になって新しくできたのか、以前もあったけれど私が気づかなかったのか、ジェットコースターなどのアトラクションがあったので驚きです。主に子供向けのアトラクションでしたが、ティーカップやスーパーチェアーという空中をくるくる回る椅子のアトラクション、マメ汽車などがあり大人も楽しむことができました。ジェットコースターなど、スリルのあるアトラクションが好きな方には芝そりゲレンデがおすすめです。そりなどは受付で貸し出ししてくれるので手ぶらでOKです。想像以上の急斜面をそりで下るのは迫力満点でやみつきになり、我が家は午前、午後と二回も利用してしまいました。アトラクション以外にもカルガモに出会えるスポットや、わんちゃんランドに小さな動物園もあり一日ゆっくり楽しむことができました。特にカルガモは近くまで行っても逃げないので、カメラ持参をお勧めします。参照サイト

千葉県にある東京ドイツ村