子供の本能的なすごさ

赤ちゃんはすごいです。

なにがすごいって、教えなくても本能に従って成長していきます。

私自身現在子育てをしているのですが、娘の成長には日々驚かされています。

産まれてすぐ何もできない状態なのに生きるためにおっぱいを吸うことだけは分かっています。
続きを読む “子供の本能的なすごさ”

子供の本能的なすごさ

顔面にお湯をぶっかけるのがうちの伝統お風呂スタイル

一人目の子供ができたときは、すごく丁寧に接したりしていたんですが、

赤ちゃんももう三人目になると、雑とはいませんが、手慣れてきたというか、そんな感じも否めません。

続きを読む “顔面にお湯をぶっかけるのがうちの伝統お風呂スタイル”

顔面にお湯をぶっかけるのがうちの伝統お風呂スタイル

ハイハイはじめました。

我が家の可愛いベビちゃん、ハイハイはじまりました。はじめちゃいました。とうとうといった感じです。

というのも我が家にはベビちゃんのお兄ちゃん(?)にあたる猫がいるのですが、困ったことに猫トイレにハイハイしていっちゃうのです…
続きを読む “ハイハイはじめました。”

ハイハイはじめました。

私がミルクを使い始めたきっかけ

生後1か月の息子は、今日も母乳とミルクの併用です。

母乳は寝ている間にできるので、どうも夕方は母乳ができにくいらしいのです。

そもそも息子は母乳を数時間が長いです。

両方で1時間ほど吸います。

母乳を吸う以外に精神安定剤になっているのでしょうか。

母乳は寝ている間に作られるといわれますよね。

朝は母乳が出てくるのですが、夕方になると枯渇するようです。

母乳を吸う時間が短くなり、その代りすぐに泣き出します。

初めは母乳のみで頑張ろうと思っていましたが、乳を差し出しても泣く、無くても泣きます。

抱っこで家の中を歩き回ったり、気晴らしにベランダへ出てみましたが、すぐに泣きます。

鳴き声に耐えられなくなり、ミルクを飲ませることにしました。

幸い、我が家にはウォーターサーバーがありましたので、ミルクを溶かすのにちょうどいい温度が簡単に出せます。

ミルクを冷ます間も泣き続けているので、一刻も早くあげたいと思い、冷ます時間を短縮する方法を思いつきました。

まず、飲ませる量のミルクの粉を入れたら、半量のお湯を入れます。

そのお湯でミルクを溶かしてから、水を入れています。

これだと、冷まさせる手間なくあげられることに気づきました。

今も毎日夕方に1回ミルクタイムをしているんですが、これでストレスなく過ごせます。赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバー

私がミルクを使い始めたきっかけ